簿記での手形割引

簿記での手形割引には

簿記でいう手形割引とは何か

手形には決済期日があります。通常手形を受け取ると手形の決済期日まで現金化できません。手形を受け取った方は基本的に手形の決済期日までその手形を持つことで手形の額面通りの金額を受け取ることができます。しかし決済期日前に現金が必要な場合などがあります。その場合、銀行で手形の額面から手形の決済日までの期間の分としてある程度の金額を差し引いた現金を受け取ることができます。この差し引かれることを手形割引と言います。

↑PAGE TOP